毛穴 クレンジング ランキング

乾燥毛穴に!乾燥肌におすすめのクレンジングランキング

乾燥毛穴に悩んでいる・・・乾燥肌にいいクレンジングってどんなもの?

乾燥肌の方にとって、クレンジング選びはとっても重要です!
一般的に乾燥肌の方は、肌の潤いが失われ、角層から水分が蒸発しやすい状態になっています。
クレンジングはもともと肌への刺激が強いものですから、そのような水分を保持する力が弱くデリケートな乾燥肌の方にとっては、クレンジンから受ける肌への負担がさらに多くなってしまうのです。
だからこそ自分の肌に合ったクレンジングを見極め、肌にかかる負担を極力少なくすることが大切というわけですね。

では、そんな乾燥肌の方にいいとされるクレンジング剤はというと、ずばり「肌にやさしく、保湿力に優れたもの」!
洗浄力が強すぎるクレンジングだと、メイク汚れとともに肌に必要な皮脂や潤いまで奪ってしまい、さらに乾燥を引き起こします。
肌に必要な潤いを守る”保湿力”と、刺激が少なくメイクが落とせる”肌への優しさ”は欠かせないポイントなのです。
また、肌への潤いはあっても、メイクが落としきれていなければそれもまた肌への負担となってしまいます。
乾燥肌という点だけでなく、自分の普段のメイクの濃さも踏まえてクレンジングを選ぶと良いでしょう。

毎日のメイクが濃い目の方の場合、目元や口元などのポイントメイクも落としやすいクレンジングを選んでしまうと乾燥肌の方には刺激が強すぎるかもしれませんので、場合によってはポイントメイクリムーバーを使用するなど少しでも肌への負担を減らす工夫をしてみましょう!

乾燥肌のクレンジング選びのポイント

乾燥肌の方にとってクレンジングは「メイク落とすもの」だけではなく、「メイクを落としつつ乾燥肌のケアもできるもの」であることが大事です。
選ぶ際のポイントとしては、「肌へのやさしさ」そして「普段のメイクの濃さに合った洗浄力」ということ。
理想は「メイクがよく落ちるのに肌にやさしく、安心安全な成分もの」なのですが、メイクが落ちに優れたクレンジング剤には肌に刺激が強い界面活性剤が含んである場合が多いです。
乾燥肌の方は肌への刺激を少しでも減らすために、低刺激の界面活性剤が使用されているクレンジング剤を選ぶべきでしょう!

そこら辺を踏まえ、たくさんあるクレンジング剤の種類の中から、肌にやさしいクレンジング剤をメイクの濃さ別にご紹介します。

<万能型>
■クレンジングクリーム
クリーム状のクレンジング剤であるクレンジングクリームは、
・クリームが肌への摩擦による刺激を軽減
・クリームが油分を含んでいるから、洗い上がりの乾燥を緩和
・油分、水分ともに適度→メイク落ちと肌へのやさしさのバランスがとれている
などという理由から、肌にやさしく乾燥肌の方に向いているクレンジング剤だと言われています。
メイクの濃さを選ばず使用できるでしょう

ただし、水で洗い流せないものや洗い流しにくいものがあり、ティッシュでふきとる手間がかかる場合があること。
メイクとクリームがなじむまで時間がかかるということから、短い時間でササっと済ませたいしっかりメイクの方には不向きかもしれません。

<しっかりメイク向けもナチュラルメイク向けもあり>
■クレンジングジェル
弾力性のあるジェル状のクレンジング剤は、弾力のあるジェルが肌への摩擦を抑えてダメージを軽減してくれます。
また肌なじみがよい吸着性のある性質のため、メイクや汚れも落ちやすく洗い上がりはさっぱりと気持ちいいのも魅力です。

クレンジングジェルには油溶性と水溶性の2種類があり、
油性のもの→洗浄力が強くしっかりメイク向き。肌への刺激は多少強め。
水性のもの→肌への刺激が少ないけど、ポイントメイクは落ちにくいのでナチュラルメイク向きです。

もし油溶性を選ぶのであれば、肌に低刺激の成分を使用しているものを選びましょう。
より肌への優しさを考えるのであれば、ポイントメイクリムーバーを使用してクレンジングの前に濃い部分は落としてから水溶性ジェルを使用するほうが良いかもしれません。

<ナチュラルメイク向き>
■クレンジングミルク
滑らかなミルク状のクレンジング剤で、水分が多くて油分と界面活性剤が少ないため、肌にやさしいのが特徴。
乾燥肌だけでなく敏感肌の方にもおすすめできるクレンジング剤となっています。

ただその反面洗浄力は弱いので、ナチュラルメイクの方向け。
カバー力の高いファンデーションやWPメイクなどを使用する方は、メイクが落としきれずに逆に肌への負担となる場合があるので避けた方がいいでしょう。

<しっかりメイク向き>
■植物性オイルを使用したクレンジングオイル
数あるクレンジング剤の中で一番クレンジング力が強いのが、オイル状のクレンジング剤です。
メイク用品は油分を含んでいるためオイルがよくなじみ、濃いめのポイントメイクも簡単に素早く落とせます。

クレンジングオイルは肌への負担が強く乾燥肌にはNGなイメージがありますが、植物性オイルを使用したものであればクレンジング力が少し落ちるので、肌にかかる負担も多少軽くなるようです。
濃いメイクがなかなか落ちずにゴシゴシこすってしまったり、いくら優しい成分でも長い時間クレンジング剤を肌にのせたままでいると肌にダメージを与えているのは結局変わりません。
W洗顔によって皮脂を奪いすぎてしまうのもまた乾燥の原因となります。
ですので、しっかりメイクの方は逆にクレンジングオイルで素早くササッとクレンジングを終わらせてしまう方が肌への負担を軽くできる場合もあるのです。

ただそういう場合も、購入の際はできるだけ低刺激の成分を使用したクレンジングを選びましょう。
低刺激の界面活性剤には
・ステアリン酸
・グリセリン脂肪酸エステル
・オレイン酸
・ラウリン酸
・脂肪酸モノグリセリド
・レシチン
・ポリソルベート
・オクチルドデセス
・PEG
などがあります。

逆に
・アルキル硫酸塩
・ポリオキシエチレンアルキルエーテル
・塩化アルキルトリメチルアンモニウム
・塩化アルコキシプロピルトリメチルアンモニウム
・塩化ジアルキルジメチルアンモニウム
などは刺激の強い界面活性剤です。
乾燥肌の方は避けるようにしましょう。

●乾燥毛穴に悩んでいる乾燥肌の方へ。優しいクレンジングの方法
せっかく肌に優しいクレンジング剤を選らんでいても、クレンジング方法が間違っていたら肌へダメージを与えてしまいます。
乾燥肌の方に適した、肌に優しいクレンジング方法はコチラです。

①手を洗って清潔な状態にする。

②アイメイク、リップなどポイントメイクは専用のリムーバーで落とす
落ちにくいメイクはクレンジング時間を長くしたり、こすって肌へ摩擦を与えてしまう原因となります。先に専用リムーバーで落としておきましょう。

③適量を守る。
使用するクレンジング剤に書かれている適量を必ず守りましょう。
適量より少ないとメイクをちゃんと落とせないうえ、肌へ摩擦による刺激を与えやすくなります。また適量より多いと、すすぎきれずに肌に残ってしまったクレンジング剤が肌の刺激となってしまうです。
適量を手にとったら、手のひらでクレンジング剤を少し温めてあげるとメイクなじみがよくなりますよ。

④こすらずなでるように、やさしくメイクとなじませる。
額・鼻・両頬・あごにクレンジング剤をのせ、皮脂の多い額(Tゾーン)からクレンジングします。顔の中心から外側に向かって、クルクルと優しく円を描きながらなじませていきます。決して力を入れず、なでるように行っていきましょう。
毛穴汚れが目立ちやすい鼻筋や小鼻周り、あご先は指先を使って丁寧になじませます。
少量の水で乳化させたら、顔全体に馴染ませましょう。

⑤ぬるま湯で素早くすすぐ。
すすぐ際の温度もとても重要です。冷水だと汚れが落ちにくく、熱いお湯だと肌を乾燥させてしまいます。必ず人肌程度(25~31℃くらい)のぬるま湯を使いましょう。
クレンジングが肌に残ってしまうと肌荒れの原因となりますので、自分がすすいだと思ってから+10回程度余分にすすぐ位で調度良いです。
特にフェイスラインや髪の生え際などにすすぎ残しがおこりやすいです。すすぎ終わったら鏡でチェックしましょう。

⑥清潔なタオルで、優しく水分を拭き取る
顔を拭くというよりも、上から優しくおさえて水分をふきとりましょう。

クレンジングに時間をかけてしまうと肌への負担になります。
すすぎも含めて、30秒~1分以内で完了するのが理想的です!

■拭き取りの場合は?

クレンジング剤には、洗い流すだけでなく拭き取る種類もあります。
その拭き取り方についても、ティッシュと蒸しタオルを使った2つの方法をご紹介しましょう。

<ティッシュを使う場合>
・ティッシュを1枚、上を向いた顔に乗せて広げる。
・額からあごまで、顔の丸みにそってティッシュを滑らせるように軽く押さえる。
・ティッシュにクレンジング剤を吸わせたら、2つに折って小鼻の脇などの細かい部分を拭き取る。

<蒸しタオルを使う場合>
・始めにある程度ティッシュでクレンジング剤を吸わせてとっておく。
・蒸しタオルで顔全体を包むようにのせる。
・そのまま蒸しタオルで優しく押さえるようにしてクリームを拭き取る。

※両方とも拭き取る際にゴシゴシこするらないよう注意してください。
クレンジング剤をティッシュや蒸しタオルに吸わせるようにして、優しく拭き取りましょう。

●クレンジング後の洗顔・スキンケアの方法は?
クレンジングが終わったら、洗顔です。(W洗顔不要のものは除く)
乾燥肌の方が洗顔すると、肌のつっぱり感が気になるという方が多いのではないでしょうか?
このつっぱり感の原因は、使用する洗顔料だけではなく洗顔方法にも関係しているのです。

乾燥肌でもつっぱらないようにする洗顔のポイントは、
○洗顔料をしっかり泡立てて、肌への摩擦をなくすこと。
○洗顔は手早く、あまり時間をかけないこと。
○洗顔後はすぐ(3分以内)に保湿すること。

このポイントを意識し、以下の方法で洗顔しましょう!

①手を洗って清潔な状態にする。
②洗顔料に水を混ぜながら、丁寧に泡立てる。
③Tゾーンやあごなどの皮脂が多い部分に泡を乗せる。
④指が肌に触れないよう注意して、泡で肌を優しく洗う。
⑤目元や口元などの皮膚が薄い部分は泡を乗せるだけにする。
⑥33~36℃くらいのぬるま湯でしっかりすすぐ(30回を目安)
⑦清潔なタオルで顔を押さえ、水分を吸い取るようにする 。

洗顔したその瞬間から肌は乾燥しはじめます。洗顔後は遅くても3分以内に保湿をしましょう。
基本的なスキンケアの順番は、化粧水→美容液→乳液→クリームです。
化粧水で肌に水分を与えてキメを整えた後、美容液や乳液で肌にフタをして潤いをとじこめます。
水が主体の化粧水だけでは保湿はできません。特に乾燥肌の方は水分保持力が低下していますから、あっという間に肌から水分が逃げてしまいます。
必ず、美容液か乳液でフタをしてあげましょう。

乾燥毛穴に悩んでいる乾燥肌の方へ。おすすめのクレンジングは?

●D.U.O クレンジングバーム

クレンジングバームブームの火付け役となったD.U.O.の「ザ クレンジングバーム」。
「クレンジング・洗顔・マッサージケア・角質ケア・トリートメント」といった1本で5役を独自の技術で実現した、万能なクレンジング剤です。
そんなD.U.O.のクレンジングバームが乾燥肌におすすめなポイントは4つ。
①ビタミンC、ナノコラーゲン、ナノヒアルロン酸、ナノセラミドなど31種類の美容成分に加え、24種類の植物エキスを配合。潤いで溢れた肌に仕上がります。
②弾力性に優れた”毛穴クリアカプセル”がバームを構成しているため、指と肌の間のクッションとなり摩擦による肌への刺激を軽減します。
③肌に悪い影響がある添加物は一切排除した7つの無添加だから、デリケートスキンの方でも安心安全です。
④スクラブ剤やピーリング成分は使用していないのに、メイク汚れだけでなく”毛穴の汚れ”や”古い角質”までやさしくスッキリ落としてくれます。

<実際に使用された乾燥肌の方の口コミ>
「保湿力のあるバームで、クレンジングをした後でもつっぱりません。洗い終わった後も肌がしっとりしていました。(29歳/乾燥肌)」
「極端な乾燥肌に変わってきたので、こちらを購入。洗い上がりはとにかくしっとり。過剰に油分を失うことなく、本当に美容成分でクレンジングしている感覚があります。とにかく乾燥肌で洗い上がりしっとり感を求めている方にはうってつけだと思いました。(46歳/乾燥肌)」
「オイルだと痒みに繋がり、ミルクだと油膜感が気になり、かといって乾燥肌のためあまり洗顔しすぎるのもダメなのでクレンジングにはとても困っていました。こちらは洗い流した後おつっぱらず、メイクもキレイに落ちるのでとっても気持ちが良い商品です。使用していて痒みなどのトラブルが今のところないので、敏感・乾燥・アトピー肌のわたしにとっては嬉しい商品です。(25歳/乾燥肌)」

毛穴への効果は個人差があるものの、「肌がつっぱった」「乾燥肌が酷くなった」といったクチコミは一切なく、乾燥に関しての効果は間違いないでしょう。
バーム状のテクスチャーが肌にのせるとオイルに変わるため、しっかりメイクもスルンと落とせます。

●POLA モイスティシモクレンジングクリーム

「モイスティシモ」はまさに乾燥で悩む方のためにつくられた、高保湿にこだわっているリーズです。
特に乾燥肌におすすめのポイントは4つ。
①オウレンエキスやパルマリン、サクラエキスといった角層を整えてくれる保湿成分を配合。
②乾燥肌や敏感肌の方でも安心な「無着色・低刺激・アレルギーテスト済み」。
③滑らかなクリームは伸びがよく、摩擦を緩和して潤いをキープしたままメイクオフ。
④肌に乗せるとオイル状に変化するため、メイク汚れを洗い残しなくスッキリ落としてくれます。

<実際に使用された乾燥肌の方の口コミ>
「10~12月に使用。しっとりオイリー。乾燥肌のわたしにはとても良い使い心地でした。クレンジング力もまずまず(お化粧は薄め)です。(30歳/乾燥肌)」
「結構重め。洗い流した後も若干油膜感を感じるけれど、肌はしっとり。冬場にこそ使いたい。(33歳/乾燥肌)」
「ポーラさんにしてはとても手頃な価格帯で使いやすい良いお品だと思います。とてもしっとりとした洗い上がりでつっぱりませんが、多少の油膜感が残ります。この後に洗顔するので特に気になるほどではありませんでしたが、さっぱりした洗いあがりがお好きな方にはちょっと重めに感じるかもしれません。(45歳/乾燥肌)」

乾燥肌の方ですら、ちょっと重めに感じるほどのしっとり感のようです。
いくら保湿しても乾燥すると悩んでいた方も、こちらの商品であれば悩みが解消できるかもしれません。
クレンジング力は中程度なので、しっかりポイントメイクをしている方は先に専用リムーバーで落としておくことをおすすめします。

●ノブ III クレンジングクリーム

肌のバリア機能をサポートする成分を配合した、乾燥肌や敏感肌を守ってくれる「ノブ III クレンジングクリーム」。
特に乾燥肌におすすめしたいポイントは3つ。
①肌を保護するスクワラン・肌を保湿するアミノ酸とセラミド3を配合し、肌のバリア機能をサポート。
②香料・着色料・アルコールフリーの、肌が敏感な方も安心な低刺激処方。
③柔らかなクリームが肌に刺激を与えることなくメイクを浮かせスッキリ落とし、しっとりとして洗い上がり。

<実際に使用された乾燥肌の方の口コミ>
「もう何回リピートしたかわかりません。季節の変わり目、花粉で荒れた肌でも刺激になることもなく、洗い上がりが乾燥することもなく本当に安心しています。何度かコスパを考えて他の商品も試してみましたが、他を使えば使うほどこちらの良さに気付いてしまいます(笑)油膜感を感じる方もいらっしゃいますが、私は感じません。(35歳/乾燥肌)」
「皮膚科の先生に勧められて使い始めました。もう何本目かわかりません。クリームなのでより肌の刺激も少ないし、しっかり落ちてちょっと潤うし。お値段はちょっとするけど仕方ない。もうやめられないです。(32歳/乾燥肌)」
「くるくると顔になじませ洗い流しますが、結構流れる感じが早くてのこってる感じもせずいいです♪その上、全くつっぱらずに潤いがしっかり残っているので乾燥肌さんにはほんとおすすめ!ただがっつりメイクの方はアイメイクリムーバーは必須ですが、他は見事に落ちていました。(34歳/乾燥肌)」

メイクを落とすだけでなく肌を保護する機能も一緒に持ち合わせているので、外部の刺激から肌を守りたい人におすすめです。
特にバリア機能が低下している恐れの高い乾燥肌や敏感肌にとって、バリア機能をサポートしてしっかりと刺激から守ってくれるのは魅力です。
WPマスカラなどを使用する方は、リムーバーが必須のようです。

●ヒフミド マイルドクレンジング

“乾燥に悩む方を救いたい”という想いから研究を重ねてつくられたのが「ヒフミドのマイルドクレンジング」。
このクレンジングを乾燥肌におすすめする最大のポイントは、
「保水力が3倍なうえ、人の肌に存在するものと全く同じ構造の”ヒト型セラミド”を3つ採用」していること。
だから自然に肌となじんで角層まで浸透し、肌から水分を逃がしません。セラミドを直接補ったことで本来の保水力を発揮し、乾燥や刺激に負けない丈夫なバリアで肌を守ります。

またその他にも、乾燥肌に適したポイントが3つ。
・こっくりとした厚みのあるミルクがなめらかに伸びてメイクとのなじみがよいので、肌に負担をかけにくい。
・メイクはしっかり落とすのに、洗い上がりはしっとりもちもち。
・4つのフリーに加えて、アレルギーテスト及びスティンギングテスト済みの安心処方。
※スティンギングテストとは、塗布したときの皮膚のピリピリ感など刺激をチェックするテストです。

<実際使用した乾燥肌の方の口コミ>
「現在肌荒れで皮膚科に通院中ですが、ほとんど刺激を感じることなく使えて良かったです。アイメイクはわかりませんが、CCクリーム・アイブロウはスッと簡単に落とせたので肌への負担は最低限なはず!!洗い上がりのヌルつきは無く、乾燥もしなかったので好印象(27歳/乾燥肌)」
「ひどい乾燥肌の私ですが、カサつきが気にならなくなってきました。使った翌日はしっとりモチモチした質感に変わっていくため、おきた瞬間に肌の違いを実感できます。(42歳/乾燥肌)」

目元や口元のポイントメイクはなじませても落ちきれないようですが、その他のメイクは素早く簡単に落とせるようです。
保湿成分の中で一番効果的な「ヒト型セラミド」を3種贅沢に配合されていますので、乾燥にお困りの方はその潤いの違いをすぐに実感できるはずです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ