毛穴 クレンジング ランキング

毛穴クレンジングで黒ずみは解消する?黒ずみができる原因や有効配合成分とは。

毛穴の黒ずみの原因って?

毛穴の黒ずみは、女性にとって大きな悩みの1つですよね。毛穴が黒ずんでしまう原因は大きく分けて2つあります。

1.角栓の詰まり

角栓とは、毛穴から分泌された皮脂やメイクなどの汚れや、古くなった角質が毛穴に詰まってできるものになります。
通常、皮脂やメイクなどは普段の洗顔で落ちますし、古くなった角質もお肌のターンオーバーによって垢となって剥がれ落ちます。ターンオーバーとは、お肌が生まれ変わるサイクルのことを言います。

理想的なターンオーバーのサイクルは28日~30日と言われていますが、年齢とともにお肌の新陳代謝が弱まっていくことで、そのサイクルが乱れ、汚れや古くなった角質が落ちづらくなるのです。

新陳代謝が弱まる原因としては、生活習慣の乱れやストレス、ホルモンバランスなどが挙げられます。それも、1つの原因ではなく、いくつもの原因が絡み合うことで弱ってしまうことの方が多いのですよね。

そして、汚れや古くなった角質が毛穴へと詰まり、やがて空気に触れると酸化していきます。例えて言うなら、切ったリンゴを置いておくと断面が酸化して黒ずんでいきますよね。角栓も同じで、空気に触れることで酸化して黒ずんでしまうのです。

2.メラニンによる色素沈着

角栓のよる黒ずみ以外にも、メラニンよって毛穴が黒ずんでしまうこともあります。
メラニンとは、表皮の土台にあるメラノサイトというメラニンを作る工場から分泌されます。
メラニンと聞くと、“いらないもの”と思いますよね。

しかし、本来メラニンとは、お肌が刺激を受けたり、異常があった際にお肌を守ろうとしてできるものです。なので、間違ったスキンケアや毛穴パックなどの刺激、紫外線のダメージを受けると、メラノサイトが頑張ってしまうのですよね。

それが肌表面に表れるとシミと呼ばれるものになるのですが、ダメージを受けた毛穴の中にもメラニンが集まっていきます。そして、ターンオーバーの乱れから排出しきれず、結果として毛穴の黒ずみとなるのです。

毛穴クレンジングで毛穴の黒ずみを解消!おすすめの成分は?

クレンジングで大切なことは3つ“お肌に優しい”“汚れをしっかり落とす”“潤いを残す”ということです。この3つのことを意識してクレンジングを選ぶことで、黒ずみへの解消につながります。そのためには、クレンジングタイプと成分をよく見て選ぶことが大切です。

1.角栓をキレイにするクレンジングと成分

角栓はオイルタイプとの相性が良いので、一番効果的なクレンジングとも言えます。ですが、オイルタイプの中には界面活性剤が使用されているものもあるので、注意が必要です。

界面活性剤とは“油分と水分をなじませて落とす”という性質があり、油性と水性どちらの汚れもしっかりと落としてくれます。しかし、洗浄力の強さゆえにお肌にとって必要な潤いや角質まで取ってしまうのです。“○○酸”がついている成分には気をつけましょう。
また、アルコール成分が入っているものも、刺激が強いので避けた方が良いでしょう。

なので、これらを踏まえると添加物の入っていない“無添加のクレンジング”が良いということですね。無着色、無香料、弱酸性であることも大切な要素です。

また、毛穴をキレイにしてくれて、さらに優しい成分としてはフルーツ酸やグリコール酸、乳酸が配合しているものがおすすめです。これらは“酸”が付いていますが、低刺激の成分になっているので、安心して使うことができます。こんにゃくに含まれるグルコマンナンという成分も、汚れをよく吸着してくれます。

角栓になる前に、角質ケアをしっかりとしたいという方は、たんぱく質を分解してくれる酵素洗顔料がおすすめです

2.潤いを保つクレンジングと成分

潤いを残してくれるクレンジングとしては、クリームタイプ、ジェルタイプ、ミルクタイプがおすすめです。
お肌への負担がなく、必要な油分を残しつつすっきりと洗い上げてくれるのが特徴です。ですが、擦りすぎると刺激となって肌を痛めるので気をつけましょう。

潤いを保つ3大成分にセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸があります。これらは、保湿ケアに欠かせない成分なので、入っているものを選ぶと効果的でしょう。
実際、乾燥肌の人と潤った肌の人を比べると、乾燥肌の人の方が紫外線から受けるダメージが大きい傾向にあります。つまり、お肌が乾燥していると毛穴の黒ずみもなりやすいということですよね。

3.毛穴クレンジングを効果的に使う方法
効果的なケアをしたいというときには、ホットタオルで毛穴を開かせてから洗顔するのがおすすめです。
クレンジングのあとに、レンジで30秒~1分ほど温めたホットタオルを顔に乗せます。すると、血行が良くなって毛穴が開くのと同時に、角質を柔らかくし、毛穴の中の汚れや角栓が浮き出てきます。

このときに注意したいのは、熱くしすぎないということです。熱すぎると低温やけどにつながるので、注意しましょう。“気持ちいい”と感じる温度ではリラックス効果も得られます。

ホットタオルを3分~5分ほど乗せたあと、優しく洗顔をします。そのあとしっかりと保湿ケアをしましょう。化粧水や美容液を冷蔵庫で冷やしておくと、毛穴を引き締めるのに効果的です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ