佐伯チズ クレンジング

佐伯チズさん愛用のクレンジングって?美肌で美白になるためのクレンジング方法を伝授


美容家の佐伯チズさんといえば、年齢を感じさせない明るく艶のある美肌が印象的ですよね。

そんな佐伯チズさんが美肌のために特に大切にしていることはというと、メイクをしている女性は毎日行っている”クレンジング”なんだとか。

そこで、佐伯チズさんのクレンジングに関して詳しく調べてみました!

佐伯チズさんがクレンジングクリームをおすすめする理由

佐伯チズさんは数あるクレンジングタイプの中から、クレンジングクリームを使うことをおすすめしています。

そもそも、佐伯チズさんはクレンジングオイルの使用を反対しているのは有名ですよね。

その理由は、

・含まれている界面活性剤の量が多すぎる
・ダブル洗顔をしなくてはいけない

といった肌を傷つける恐れがあるからです。

また、佐伯チズさんが以前に美容部員として務めていた外資系の化粧品会社が、はるか昔に鉱物油で肌が黒くなってしまったり皮膚ガンになったケースがあったことから鉱物油を良しとしない風潮だったことも関係していると見られています。

もちろん全てのクレンジングオイルが肌に悪だというわけではありませんが、クレンジングオイルには肌に刺激が強すぎる界面活性剤が多く使用されていたり、肌の乾燥を引き起こしてしまう場合もありますよね。

一方でクレンジングクリームは、

・界面活性剤の配合量が少ない
・肌の潤いを保ちながら、きれいにメイクや汚れを落とせる
・柔らかで厚みのあるテクスチャーで肌を傷めにくい

など、肌にやさしいメリットがたくさんあります。

スキンケアよりも大切だというクレンジングだからこそ、肌をやさしくいたわりながら汚れを落とせるクレンジングクリームをおすすめしているというわけなのです。

佐伯チズさん愛用のクレンジングはどれ?

では、そんなクリームタイプのクレンジングの中で佐伯チズさんが実際に愛用されているクレンジングクリームは何なのかが気になるところですよね?

それはずばり、

「ゲランのクレンジングクリーム」
「ミキモトのムーンパールクレンジングクリーム」
「クラランスのクレンジングクリーム」

です!

ゲランのクレンジングクリームは秋冬用に
ミキモトのクレンジングクリームは夏用に
クラランスのムーンパールクレンジングクリームは春先用に

と季節によって使い分けているようですね。

ちなみに今でもゲランの新作発表会などに足を運んでいる佐伯チズさんですが、実は先述した佐伯チズさんが以前美容部員されていた外資系の化粧品会社というのがこの「ゲラン」なんですよ。
(※厳密にいうと、クリスチャン・ディオールでも美容部員をされていたそうですが…)

また、佐伯チズさんはご自身が愛用しているクレンジングクリームを紹介するだけでなく、ご自身もクレンジングクリームを含めた化粧品をプロデュースされています。

続いて、佐伯チズさんがきれいにこだわってプロデュースした化粧品についてもご紹介していきますね!

佐伯チズプロデュースの化粧品がやっぱりおすすめ

佐伯チズさんは、

「チズ サエキ ジャパン ラ サロン コスメ」
「チズアンゼルス」

という化粧品をプロデュースされています。

概要はコチラ。

●チズ サエキ ジャパン ラ サロン コスメ
国産JASマークにこだわった”ダマスクバラ花水”と
世界特許取得の”ラメラテクノロジーR”を2大フューチャーしたアイテムです。

<ラインナップ>
-ローズ・ラメラ UVクリーム(日焼け止め) 50g/5000円
-ローズ・ラメラ メイクアップリムーバー 80ml/4500円
-ローズ・ラメラ クレンジングクリーム 120g/5000円
-ローズ・ラメラ ローション(化粧水) 150ml/8000円
-ローズ・ラメラ デイエマルジョン(日中用美容液) 50ml/12000円
-ローズ・ラメラ クリーム 50g/15000円

●チズアンゼルス
美肌の基礎をつくるサロン発想のスキンケア化粧品。
水と製剤にこだわり、アルコールやエタノールは一切含んでいません。

<ラインナップ>
-アイメイクアップリムーバー 100ml/4500円
-クレンジングクリーム 210g/9800円
-マッサージクリーム 210g/10800円
-フェイシャルスクラブ 250g/8800円
-ポアクレンジングパック 50g/4500円
-ローション(化粧水) 350ml/8800円

※全て税抜価格

佐伯チズさんのプロデュースする化粧品はややお高めではありますが、それに見合った価値はあると口コミでも人気が高いようです。

何を選んだらいいのか使用するクレンジングや化粧品に悩んだら、このような佐伯チズさんがプロデュースしている化粧品をチェックしてみてはいかがでしょうか?

化粧品はラインで使用するとより高い効果が期待できますから、一式揃えてみるのも良いかもしれませんね!

ただ、いくらよいスキンケアアイテムを使用しても使い方が間違っていたら正しい効果を得ることはできません。

そこで、より美肌が期待できる佐伯チズ式のクレンジング方法もご紹介していきましょう。

是非参考になさってみてくださいね^^

美肌になるための佐伯チズ式クレンジングとは?!

佐伯チズさん曰く、間違ったクレンジングをしているとたとえ100万円の化粧品を使用しても全く意味がないとのこと。

それくらい、クレンジングは使い方がとても重要なんです。

ではどのようにクレンジングを行えばいいのか、”佐伯チズ式クレンジング”と呼ばれるクレンジング方法を大きく3つのポイントに分けてご紹介していきますね。

必ずポイントメイクは落としてから。

目元や口元は皮膚が薄く、他の部分と比べてとても敏感なパーツです。

しかし、WPのマスカラやアイシャドウ・リップなど落ちにくいメイクを使用することも多いですよね。

そんなポイントメイクを他の部分と同じクレンジングで一緒に落とそうとすると、

なかなか落ちずにゴシゴシ擦ってしまう

摩擦で小じわや乾燥、色素沈着が起きてしまう

という結果に。

逆に濃いポイントメイクが一瞬で落ちるような洗浄力の強いクレンジングを顔全体に使用してしまうと、肌の乾燥を引き起こしたりバリア機能が破壊され、肌トラブルを引き起こす恐れがあります。

どちらも美肌から遠のいてしまいますよね。

ですから、顔全体のクレンジングをする前に必ず専用リムーバーで予めポイントメイクをやさしく丁寧に落とすようにしましょう!

ちなみに佐伯チズさんは、24歳の時からアイクレンジングを月1本は消費していたそうですよ。

メイクした時間と同じ時間、クレンジングにも時間をかける

これは例えば30分メイクに時間をかけた場合、

”クレンジングクリームで30分かけてメイクを落とす”

というわけではなく、

”先述したポイントメイクのオフも含めて、30分かけるくらい丁寧にクレンジングを行う”

という意味です。

そこで意識してほしいのは「汚れは浮かせてから取る」ということ!

肌に摩擦は厳禁ですので、決して「こすり落とす」という行為は避けましょう。

具体的なクレンジングの流れはコチラ。

<ポイントメイクのクレンジング方法>
1.コットンを水で濡らし、両手ではさんで軽く水気をきって湿らせる。
2.500円玉大のポイントメイクリムーバーを染み込ませる。
3.コットンを薄く5枚に裂く。
4.コットンを三角に折りたたみ、下まぶたの際に沿って貼り付ける。
5.別のコットンを指ではさみ、上まぶたのメイクを4で貼り付けたコットンに移す。
※左右の目で2枚ずつ使用
6.綿棒にリムーバーを染み込ませ、マスカラを下のコットンに移す。
7.下のコットンは片方の手でこめかみを押さえながら、目尻から目頭へ汚れをふきながら取る。
8.残りの1枚のコットンで、口角をしっかりと引き上げながら、上唇の端から中心に向かってやさしく拭き取る。
9.口角を引き上げたまま、下唇の端から中心に向かって拭き取る。
10.コットンを持ち替え、反対側も同様に拭き取る。

※色素沈着しないよう、やさしく丁寧にしっかり拭き取ってください。

<顔全体のクレンジング方法>
1.さくらんぼ大のクレンジングクリームを手に取り、手のひらで温める。
2.両頬、額、鼻、あごの5点にのせる。
3.あごの中心から耳の付け根に向かってのばす。
4.耳の付け根と耳裏のくぼみを指先で押す。
5.小鼻の横に手を置き、 真っすぐ横へ手のひらを動かす。
6.目頭に手を置き、引き上げながらこめかみへのばす。
7.片手ずつ、鼻先から鼻筋を伝って額へ。
8.額の中心から左右へのばす。
9.片手ずつ、額の中心から鼻筋を伝って鼻先へ。
10.鼻の両脇を優しくクレンジングする。
11.小鼻を指先で丁寧に数回往復する。
12.鼻の穴のまわりも下から上へ洗う。
13.鼻の下を軽く押しながら口まわりへのばし、口角をキュッと持ち上げる。
14.一旦手をティッシュでふく。
15.3~13を3回行い、最後にぬれコットンでふき取って完了!

いかがですか?

かなり時間をかけて丁寧にクレンジングするということがわかりますよね。

メイクを念入りにすればするほど、それだけクレンジングに時間がかかるというのも納得いただけると思います。

このように丁寧にクレンジングをするとリンパも刺激されるため、くすみや小じわなども予防することができるというのが佐伯チズ式クレンジングなんですよ。

ダブル洗顔はなし!

佐伯チズ式クレンジングでは、肌に必要な水分や油分を奪いすぎることを防ぐためにダブル洗顔を推奨していません。

特に20代~30代にかけての肌は自ら潤う力を持っているため、ダブル洗顔によって肌の水分を逃してしまってはもったいないとのこと。

今はダブル洗顔不要のクレンジングが多く販売されていますので、ぜひそのようなクレンジングを選んでみてください。

もし先ほどご紹介したクレンジングで、「コットンで拭き取ったけどどうしても油膜感が気になる…」という方は、拭き取りようの化粧水をコットンに染み込ませて拭き取ってみてください。

肌のやさしさを考えて、ティッシュではなく必ずコットンを使用してくださいね!

まとめ:佐伯チズさんのようなもちもち美肌を手に入れよう!

このように佐伯チズさんが愛用するクレンジングや佐伯チズ式クレンジング方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

佐伯チズさんが推奨するクレンジング方法は何十年と培ってきた経験に基づいたものであるうえ、佐伯チズさん自身の美肌で効果を証明されていますから、非常に信頼できますよね。

ぜひご紹介した佐伯チズさんのクレンジングを参考に、年齢に負けない美肌を手に入れちゃいましょう^^

サブコンテンツ

このページの先頭へ