いちご鼻に効果的なクレンジングはオイル?それともクリーム?口コミをまとめてみました。

いちご鼻に効果的なクレンジングはオイル?それともクリーム?口コミをまとめてみました。

いちご鼻には 美容液よりもクレンジング選びが解決のカギ!

年齢、性別を問わず、いちご鼻に悩んでいる人はとても多いそうです。ピーリングやパック、酵素洗顔など、改善するテクニック、アイテムは様々ありますが、スキンケアの第一ステップのクレンジングが一番重要だということをご存知ですか?
というのも、いちご鼻のブツブツの正体は毛穴に詰まった汚れと角栓(古い角質と皮脂が混ざり合ってできたもの)。
本来は自然と毛穴から排出されていくはずのものが、間違ったクレンジングによるメイク残りや肌の乾燥などによって正常に排出されず、毛穴に詰まってしまいます。
そうやって毛穴に詰まってしまったままの角栓は空気に触れることで次第に酸化していき、黒ずんでいちごの種のようなブツブツになってしまうのです。
つまりいくらいちご鼻の特別なケアをしたとしても、美肌の土台をつくるクレンジングが間違っていたらあっという間にブツブツは元通りとなりずっと繰り返してしまうということ。
クレンジングはいちご鼻に限らず毛穴トラブルへの効果絶大です。
まずはいちご鼻の解消の鍵となるクレンジングを正しく選ぶことから見直してみましょう!

クレンジングオイル?それともクリーム?(ここでは油脂系クレンジングをおすすめします。)

クレンジングと一口に言っても、

・クレンジングオイル
・クレンジングリキッド
・クレンジングバーム
・クレンジングクリーム
・クレンジングジェル
・クレンジングミルク
・クレンジングシート

とたくさんの種類がありますよね。
この中で「オイルインタイプよりもオイルフリーのクレンジングの方が良い」といったイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか?
特にクレンジングオイルは洗浄力・脱脂力が高く”乾燥しやすい””肌に悪い”といったイメージがありますよね。
しかし、実は同じオイル系のクレンジングでも主成分に良質なオイルを使用したクレンジングは、オイル特有の高いクレンジング力がありながら肌に必要な潤いは適切に残してくれるという特徴があるんです。
そしてその”良質なオイルを使用したクレンジング”こそが、いちご鼻や黒ずみ・角栓などの毛穴改善に非常に効果的!
詰まって固まった角栓や角質を酸化して正常な角栓の排出を促してくれることから、使っているだけでも徐々いちご鼻を目立たなくしてくれるんですよ。
「クレンジングオイル」でも「クレンジングクリーム」でもメイクの濃さや使いやすさを考慮してご自分のお好みのクレンジングタイプを選んでいただいて構いませんが、「良質なオイルが主成分であること」に着目して選んでみてください。

では、その”良質なオイル”とは一体何なのかご紹介していきますね。

オイルにも種類がある?良質なオイルとは?

オイルの種類を簡単にまとめると、

●油脂系・・・油脂が主成分。コメヌカ油、オリーブ油、マカダミアナッツ油、アルガンオイルなど
●エステル系・・・エステルが主成分。パルミチン酸エチルヘキシル、ミリスチン酸オクチルドデシル、エチルヘキサン酸セチルなど
●炭化水素油系・・・炭化水素油が主成分。ミネラルオイル、水添ポリイソブテン、イソドデカン、スクワランなど

の3つに分けられます。

この中で先述した”良質なオイル”に該当するのが”油脂系オイル”!

油脂=動植物から摂れるオイルのことで、高い洗浄力を持ちつつ、人間の皮脂と構造が似ているため肌に残っても保湿成分になってくれるという優れものです。
さらに油脂系オイルは酸化しにくい=肌荒れを起こしにくいというメリットもあります。
中でも、マカダミアナッツ油・アボカド油は”パルミトレイン酸”という成分が豊富で、アンチエイジングにも良いのだとか!

では、なぜ「クレンジングオイル=肌への負担が大きい」というイメージが先行しているのかというと、一般に市販されているお安いクレンジングオイルのほとんどがミネラルオイル(炭化水素油)系のため、高い洗浄力と強い脱脂力が相まっているのです。
ちなみにエステル系も炭化水素油系に比べればマシですが、油脂系と比べると洗い上がりの保湿力に大きな差があるんですよ。
毛穴トラブルに肌の乾燥は大敵ですから、やはり保湿は重要!
いちご鼻を本気で改善したい方は必ずオイルの種類を確認し、「油脂系オイル」を主成分としているクレンジングを選びましょう。

おすすめの油脂系オイルクレンジング

CeraVeil – Platinum Cleansing Oil
https://cores-ec.com/SHOP/k6a.html

「美容を教える化学の先生」として絶大な人気を誇る”かずのすけ”さんがプロデュースしたクレンジングオイルです。

高級なマカダミアナッツ油を主成分とし、界面活性剤には刺激が最も少ない非イオン系を使用。

肌に負担をかける石油系オイル・合成オイル・防腐剤・着色料・香料に加え、精油やエキスも排除して9つの成分で作られたとってもシンプルな設計となっています。

マカダミアナッツ油は

・皮膚への馴染みが優れている
・洗顔後のしっとり感
・数ある植物油脂の中でも酸化安定性に優れている
・年齢肌に不足していく「パルミトレイン酸」を20%以上配合

といった特徴があり、肌をやわらかく整えながら角栓の排出を促して毛穴の黒ずみ・いちご鼻ケアに効果を発揮してくれますよ!

120mlで価格は3,600円(税込)です。

エリデン化粧品 おひさまでつくったクレンジングオイルE

抗酸化油脂のコメヌカ油をベースとしており、界面活性剤にはごく低刺激なトリイソステアリン酸PEG20グリセリル(非イオン系)を配合。
コメヌカ油は肌に残留しにくいので洗浄による負担が起きにくく、しっとり感を残しながら肌に不要なメイク汚れはしっかりオフしてくれます。
くまもんのパッケージもまた可愛いですよね!
しかも150mlで1,296円(税込)と、油脂系オイルを使用していながらコスパも優秀です。

敏感肌にもクレンジングオイルって使えるの?

クレンジングオイルは肌に刺激が強く乾燥を引起しやすいといった特徴から、敏感肌の方には適していないと言われていますよね?
市販でよく売られている炭化水素油系(ミネラルオイルなど)のクレンジングオイルは非常に脱脂力が強く、乾燥→肌のバリア機能を壊して敏感肌が悪化となる恐れがありますので絶対に避けなければなりません。
ただ、敏感肌でもいちご鼻にお悩みの方はたくさんいるはず。
では敏感肌でも使えるクレンジングオイルってあるのでしょうか?

そもそも敏感肌の方に1番タブーなのは刺激を与えること。
クレンジングはもともと肌に与える負担が大きいものですから、刺激の強いクレンジングを選んでしまってはさらに大きな負担を与えてしまいます。
となると敏感肌の方は「低刺激なクレンジング」を選ぶことが大切ということになりますが、実はクレンジングオイルにも低刺激で保湿に優れた種類があるのです。
それは、「油脂系のオイルを主成分に使用したクレンジング」!
アルガンオイルやオリーブ油、コネヌカ油、マカデミアナッツ油、ココナッツ油、アボカド油など動植物の体内で生成された油脂系オイルは人間の皮脂に似た構造のため肌なじみが良く、クレンジング後の敏感肌をしっかり保湿してくれます。
また水になじみやすい”微親水性”という性質があるため水で洗い流しやすく、脱脂力も低め。
それでいてオイルなだけあり洗浄力は十分ですから、負担を抑えつつもしっかりメイクオフすることができるのです。

ただ、敏感肌の方は界面活性剤にも気をつけなくてはなりません。
クレンジングオイルは界面活性剤が多く配合されています。
界面活性剤はクレンジング剤に必要不可欠なものですが、例え乳化を目的とした低刺激な界面活性剤を使用していたとしても敏感肌の方の場合は刺激を感じることがあります。
界面活性剤を使用していないオイルのみのクレンジングも存在しますが、メイクを落した後にオイルを水で洗い流すことができず、拭き取る際に摩擦による刺激を与えてしまうという懸念が。
ですから、敏感肌の方はなるべく界面活性剤の配合が少ないクリームタイプや乳液タイプのクレンジングがおすすめなのです。

以上のことから、敏感肌の方がクレンジングオイルを使用するのは「いちご鼻を解消する目的だけ」にしましょう!

肌への刺激が少なく角栓除去に大きな効果を発揮する「油脂系オイル」のクレンジングを、鼻の周りだけに使用してください。
そしてしっかり洗い流すことを忘れずに!
メイクは別途、クレンジングクリームやクレンジングミルクなど低刺激で界面活性剤の配合が少ないクレンジングを使用しましょう。そうしたら、敏感肌に余計な刺激は与えず、いちご鼻のケアもバッチリできますよ!

市販・プチプラでも買える?

油脂系オイルを主成分としてクレンジングオイルで市販されているものは、

●シュウウエムラ アルティム8∞ スブリム B クレンジングオイル
●アテニアのクレンジングオイル
●DHC ディープクレンジングオイル

の3点。

市販されているもののほとんどはミネラルオイルを主成分とした「炭化水素油系」のクレンジングなんですね。
ちなみに人気の高い「ファンケルのマイルドクレンジングオイル」は「エステル系」のクレンジングオイルです。

先述した3点のクレンジングオイルの共通点として、「値段が高い」といったイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?
そうなんです。油脂系のオイルは他の炭化水素系やエステル系のオイルと比べて高額という特徴があります。
高額の順で言うと、油脂系オイル>エステル系オイル>炭化水素系オイルとなり、肌への刺激の少なさと比例していますね。
特に油脂系のアルガンオイルなんかは非常に高額なことで知られ、ティヤの”ピュアアルガンオイル”は30mlで約3,000円ほどします。

実際に市販されている油脂系クレンジングオイル上記3点の価格は

●シュウウエムラ アルティム8∞ スブリム B クレンジングオイル・・・150mlで定価4,400円(税抜)
●アテニアのクレンジングオイル・・・175mlで1,700円(税抜)
●DHC ディープクレンジングオイル・・・120mlで1,486円(税抜)

と、一般的に市販されているミネラルオイルを主成分としたクレンジングオイルと比べて高額ですよね。
基本的に、油脂系オイルを主成分としてクレンジングオイルは1000円以下のプチプラでは購入できないと思っておきましょう。
毛穴に効果的と謳われているクレンジングオイルを店舗で見つけても、必ず成分表を見て主成分として使われているオイルの種類をチェックしてみてくださいね。

いちご鼻を解消する効果的なクレンジング方法とは?

いちご鼻を解消するために必要なのは「毛穴に詰まった角栓をとること」ですが、毛穴パックや角質除去といった刺激が強いケアはオススメできません。
なぜならその場では一時的にキレイになった気がしても、肌へ大きなダメージを与えてしまい余計に角栓を作る原因となる恐れが。
そこで効果的な対処法が、良質な”油脂系クレンジング”を使ったクレンジングなんです!
では、その効果的なクレンジング方法をご紹介しましょう。

<使うもの>
●油脂系クレンジング
(コメヌカ油・アルガンオイル・マカダミアナッツ油・アボカド油・オリーブ油・ハイブリッドヒマワリ油など)
※化粧品の成分表示は成分の多い順から表示されています。
成分表示の1番上に良質なオイルが記載されているクレンジングがオススメですよ。
上から5~6番目までの成分をみて商品を選ぶと良いでしょう。

<クレンジング方法>
①油脂系クレンジングを角栓が気になる部分に塗布する。
②約5分間置く。※擦ったりしなくてOK
③人肌程度のぬるま油で洗い流す。

この方法を最初の2週間~1ヵ月は毎日行ってください。
その後はメイク落としに油脂クレンジングを使い、たまにこの5分間放置のクレンジング方法を行えばOK!
油脂が角質を柔らかくし、毛穴に詰まった角栓を排出しやすくしてくれるため、たったこれだけでいちご鼻が解消できるんです♪

そしてさらにいちご鼻解消の効果を高めるため、クレンジング後はセラミド入りの化粧水でしっかり保湿しましょう。

いちご鼻をキレイにする方法はクレンジングだけじゃない!口コミを集めてみました。

いちご鼻の悩みを解消する鍵はクレンジングにあると申し上げましたが、その他にもいちご鼻をキレイにする方法がないのかあらゆる口コミを調査したところ、効果を感じられそうな方法をいくつか見つけました!
実際の口コミとともに、その解消方法をご紹介していきますね!

<蒸しタオル美容法>
Twitterなどでの口コミが多かったのが、蒸しタオルを使った美容法です。

◎方法
タオルを軽く濡らしたてレンジでチンし、適温になったら顔に乗せて蒸気で蒸らす。
その後、クレンジングや洗顔をする。

肌が温まることで毛穴が緩んで開き、柔らかくなるスチーム効果で角栓や黒ずみが取れやすくなります。
必要なものはタオルだけという手軽でお金をかけない方法が20代に支持されているようですね。

<鼻にアロエを塗る>
食べてよし肌に塗ってよしと良いことずくめなゆり科の常緑多年生植物・アロエを使った美容法です。
美容に使用するのは主にアロエの葉肉やしぼり汁で、消炎・鎮静、殺菌、保湿、収れん効果などがあります。

◎方法
その名の通り、気になる鼻の黒ずみにアロエエキスを添付する。

アロエは環境さえ整えられれば、自宅の鉢植えでも栽培することが可能です。
沢山種類がありますが、食用に出来るアロエベラ(Aloe vera)が最適。
育てるのには手間がかかるという場合は、アロエエキス配合のスキンケア用品を使用すると良いでしょう。

<重曹を小さじ1杯>
様々な場面で活躍する万能プレーヤーの重曹は、毛穴の黒ずみにも効果的だとか。

◎方法
①洗顔の泡に小さじ1杯の重曹を入れ、小鼻をクルクルとマッサージする。
②重曹を手に取り水(美容オイルでもOK)を足して軽く練り、好みの固さになったら鼻に塗る。
 しばらく置いてから洗い流す。

重曹にはピーリング効果がある為、敏感肌など肌の弱い方は気をつけて行いましょう。
肌が弱くない方も、毎日ではなく週に1~2回のスペシャルケアとして取り入れてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
クレンジングオイルに種類があり、肌に低刺激なクレンジングオイルもあるなんてことを知らなかった方も多いのではないでしょうか?
いちご鼻への効果はかなり期待できますので、今までいちご鼻に悩みながらなかなか解消できなかったという方はぜひ試してみてくださいね。

油脂系オイルを使用することが難しいという方は、口コミで人気のある手軽な黒ずみ対策をお試ししてみてはいかがでしょうか?
ただ、どの方法でも自分の肌状態をしっかり確認しながら行うようにしましょう。
もし肌荒れや何かトラブルが起きたら速やかに中断してください。

女性の肌状態は様々な要因に左右されやすいもの。
自分の肌状態をしっかりみてあげながら毛穴の黒ずみを撃退し、美肌を目指しましょう♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ